ページTOPへ戻る
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
メニュー

日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド

トレミーフォーティエイト HOME > NEWS

NEWS

OCENANS(オーシャンズ)8月号にPtolemy48、エンペラーE-007が掲載!

2014.6.24
  • OCENANS(オーシャンズ)8月号にPtolemy48、エンペラーE-007が掲載!
  • OCENANS(オーシャンズ)8月号にPtolemy48、エンペラーE-007が掲載!
  • OCENANS(オーシャンズ)8月号にPtolemy48、エンペラーE-007が掲載!
愛用者の悩みに応じてくれるトレミーフォーティエイトのメガネ
”掛ける人想い”なメガネって最高にゼイタクだ!
デザインやカラーが自分の好みにバッチリ合うメガネを見つけても、いろんな”障害で”気持ちよく掛けれことができないなんて、実に悲しいこと。そんなユーザーの声を拾って、夢をカタチにしてくれるのが「トレミーフォーティエイト」。諦めずに良かった!そう思えるメガネがそこにある。
悩み①
仕事でセルを掛けられなくてションボリ・・・・・
セル×メタルのミックスフレームが解決!
「うちの職場、保守的でカジュアルの印象が強いセルのメガネが掛けずづらくて・・・・」と無難なメタルに甘んじる人へ。チタンシートのフロントバーにセルをミックスしたフレームなら、メタルのシャープな印象をベースに温もりあるセルの魅力を楽しめる。テンプルに施した高級感ある七宝も。エンペラーE-007 3万8000円
悩み②
流行りだから掛けてみたけどズキズキ・・・・
日本人の顔幅を熟考した特性フレームが解決!
華著なボストンは確かに旬。しかし、日本人の顔幅似合わずキツく頭が締め付けられることも。強度が保てる限界の厚みまで薄く削ったセルで旬な玉型を表現した本作は、智からテンプルにかけて頭部全体を包み込みように設計。抜群の掛け心地が日本人の悩みを解決してくれる。エンペラーE-005 3万8000円
悩み③
長時間掛けているとムズムズ・・・・
熟練職人によるセルロイドメガネが解決
安価なセルメガネは素材のまま寝かせる工程を省いたり、溶剤をよく洗浄せず製品にするので、使うたびに反り返ったり、肌が荒れたり・・・。しかし、こちらは熟成された上質のセルロイド製。劣化もしづらく、コットン由来のセルロイドは軽いうえに肌にとても優しいので、ストレスなく掛けられるのだ。VC-028 3万円


婦人画報7月号にPtolemy48(トレミー48)LUNA シリーズが掲載!

2014.5.31
  • 婦人画報7月号にPtolemy48(トレミー48)LUNA シリーズが掲載!
  • 婦人画報7月号にPtolemy48(トレミー48)LUNA シリーズが掲載!
  • 婦人画報7月号にPtolemy48(トレミー48)LUNA シリーズが掲載!
トレミーフォーティエイトのビジュアル効果が話題です。
成熟世代の美人眼鏡
掛ければ、むしろ素顔より華やかに若々しく見えると評判の眼鏡が
「トレミーフォーティエイト(Ptolemy48)」です。
その理由とともに、成熟世代にうれしい効果を持つコレクションを紹介。
積極的に取り入れて、眼鏡のおしゃれを楽しみたくなるものばかりです。
Select 1
目元が明るく冴える美人色
華やぎのトレミーブルー
小顔に見せる効果も併せもつこだわりの3色グラデーション
PT-115 BL 30,000円
Select 2
ポイントは上質な天然素材
洗練されたラグジュアリー感
さりげないリッチなオーラが際立つ特別オーダーの真珠やバッファローホーン
L-003 BL 280,000円
トレミーフォーティエイトのデザイナー堀一彦に伺いました
女性を若く、綺麗に見せる眼鏡の選び方
女性それぞれの美しさを引き立てる個性豊かな眼鏡とアクセサリー
Select 3
老眼鏡をポジディブに見せる色とデザイン
若返るリーディンググラス
取り出した瞬間から華やかに魅了する若々しいカラーリングのフォックス形
PT-117 GR 47,000円



Mode Optique (モードオプティーク)Vol,38にPtolemy48(トレミー48)が掲載!

2014.5.31
  • Mode Optique (モードオプティーク)Vol,38にPtolemy48(トレミー48)が掲載!
  • Mode Optique (モードオプティーク)Vol,38にPtolemy48(トレミー48)が掲載!
  • Mode Optique (モードオプティーク)Vol,38にPtolemy48(トレミー48)が掲載!
技術に裏付けされた多彩なバリエーション
バッファローホーンやチタンなど上質な素材を使い、日本の眼鏡産地が誇る高度な技術を駆使して作られるトレミー48のアイウェア。今シーズンも豊かな色彩、そして立体感が際立つデザインがバリエーションに豊富に揃った。


ENGINE(エンジン)7月号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON13&14が掲載!

2014.5.28
  • ENGINE(エンジン)7月号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON13&14が掲載!
  • ENGINE(エンジン)7月号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON13&14が掲載!
  • ENGINE(エンジン)7月号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON13&14が掲載!
世界最高の”技術”と”素材”で誕生!
ニューアポロンはその美しさや機能性を支える圧倒的な技術力で誕生。
3次元プレスによる立体的メタルブリッジと油圧プレスで生み出されたアセテートブロウが
一体となり、流麗なフォルムを描くフロントはまさにアポロンブランドの技術力に象徴。
最新作のアポロン14&15では、βチタンの弾性を極限まで高めるべく、理想的な極限と厚みの
強弱を実現したウェーブテンプルを採用。
「大人の魅力を引き出す」デザインも掛け心地も最後は″技術力”と語れるアポロンフレーム。

Ptolemy48(トレミー48)ブランド初になるスポーツサングラス”スナイパー”は、ハイカーブレンズの偏光レンズとミラーレンズの2枚が付属。天候やシーンに合わせて、工具を使わずに素早くレンズ交換できる。フレームは超軽量で弾力性に優れた樹脂素材でフィット感も良好だ。

LEON 7月号にPtolemy48(トレミー48)のAPOLLON15(アポロン15)が掲載!

2014.5.24
  • LEON 7月号にPtolemy48(トレミー48)のAPOLLON15(アポロン15)が掲載!
  • LEON 7月号にPtolemy48(トレミー48)のAPOLLON15(アポロン15)が掲載!
華やかな目元はこの6本 Ptolemy48
「トレミーフォーティエイト」のメガネコレクション
大人を満足させる極限の技術力
大人の男の持ち物は”本物”であることが重要です。
ではメガネにおける本物とは何か?
トレミーフォーティエイトの「アポロン15」を掛ければ、その答えが見えてきます。
リッチでお洒落な目元にやせ我慢は必要ありません
オヤジの目元に理想的な立体感と圧倒的な高級感を添えつつ、同時に軽やかな掛け心地を実現したアポロン15 ライトブラウン×ゴールドというカラーリングも、リッチにして意外なほど顔なじみが良いのです。

職人技の粋を結集した最高峰モデル
プレス技術を賜るアポロン15。圧巻はβチタン製のウエーブテンプル。軽さとしなやかさを実現すべく、シート材ながら厚みの強弱がついているのです。「AP-015] 4万8000円

眼鏡Begin vol.16号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON 14&エンペラーが掲載!

2014.5.22
  • 眼鏡Begin vol.16号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON 14&エンペラーが掲載!
  • 眼鏡Begin vol.16号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON 14&エンペラーが掲載!
  • 眼鏡Begin vol.16号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON 14&エンペラーが掲載!
人気ブランドのコレ買いなさい
職人の技術と情熱から生まれる造形美
鯖江の最新技術がフル搭載
縦の動きにも強いS字三連蝶番
スリット状の抜きが掛け心地のキモ!
VC-021,PT-119,AP-009が掲載!

オン&オフをおしゃれに飾る
OFF STYLE
ブランド自慢の2トップが大幅に進化!
ラフな着こなしを品よくまとめるコンビフレーム!
エンペラー(E-007)Col,WS
顔を優しく包み込む極上のコンビフレーム
チタンのブロウに独立したアセテートのリムを組み合わせた新機構のフロント。三連蝶番とのコンビで、抜群のフィット力を誇る。ネイビーも美しく、機能とデザインを高次元で両立。
6色展開 52□17 各3万8000円
横顔をおしゃれに飾る七宝入りテンプル
チラッと覗くメタルがキモ

ON STYLE
定番のジャケパンスタイルを格調のある着こなしに!
アポロン14 Col,BKM
キリッと男前な顔つきを演出!
20工程に及ぶプレス工程で誕生したβチタンのテンプルは、弾力性抜群。エッジの効いたブリッジは、立体的な顔つきに。クリングス付きのノーズパットなので、自分仕様に調整ができる。
6色展開 51□19 各4万8000円
計算しつくされた職人気質のスリット
表情作りに貢献する立体的なブリッジ

あのキングバッファローからボスリントンがお目見えに!
KB-005/006
貴重な天然素材とトレンドデザインの融合



Begin 7月号にPtolemy48(トレミー48)アポロンAP-014が掲載!

2014.5.16
  • Begin 7月号にPtolemy48(トレミー48)アポロンAP-014が掲載!
  • Begin 7月号にPtolemy48(トレミー48)アポロンAP-014が掲載!
  • Begin 7月号にPtolemy48(トレミー48)アポロンAP-014が掲載!
Begin 7月号にPtolemy48(トレミー48)APOLLON(アポロン)AP-014とエンペラー(E-008)が掲載!
トレミー48が本気で作った!「ミルフィーユブロウ」
差がつくお仕事ツートン
ブロウ×立体ブリッジのコントラストが効く
シートメタルの軽さ&しなやかさ
ブランドならではの立体感を融合
フロントやブリッジには堅牢な純チタン、テンプルには弾力性に優れるβチタンを採用。
表面には適度なツヤを残したマット加工によって、メタル特有のギラつきを払しょくし上品な印象だ。さらなる重量感を演出するフルリムタイプもあり。各6色展開 各4万8000円

スーツスタイルで差をつけるならメガネをアクセ感覚で使うのが有効だ!
Vゾーンのセオリーと同様にタイの色をメガネと合わせている。
王道の色合わせも同色のメガネでお洒落アップ!
トレミー48のE-008
メタルのブロウにネイビーのアセテートを差し込んだ構造の、コンビネーションモデル。
メタルのテンプルにもブルーの七宝飾りがあしらわれ、横顔にも抜かりなしだ。
三連蝶番採用で掛け心地も◎。3万8000円

monoマガジン 5月号にPtolemy48のAPOLLON 13&14が掲載!

2014.5.2
  • monoマガジン 5月号にPtolemy48のAPOLLON 13&14が掲載!
  • monoマガジン 5月号にPtolemy48のAPOLLON 13&14が掲載!
  • monoマガジン 5月号にPtolemy48のAPOLLON 13&14が掲載!
Ptolemy48 New Model
メタルテンプルで実現した抜群の軽さとしなやかさ
日本の眼鏡産地、福井県鯖江市で生産されているトレミー48の眼鏡。
これまで以上の掛け心地を追求して、「アポロン」シリーズ初となるメタルテンプルを採用したモデルが登場した。
高度プレス加工を駆使して素材の強度と弾力性を向上
「トレミー48」のなかでも、ブランドがこれまでに培った技術と英知を駆使して作られるのが「アポロン」シリーズだ。そんな同シリーズの新作となる「AP-013」「AP-014]では、掛け心地を追求。その秘訣は「ウェーブテンプル」と名付けられた、シートメタル製のテンプルにある。
独自のカーブ形状がフィット感を高める!
日本人の顔に沿うよう計算されたカーブが、自然なフィット感を実現。2本のスリットは横顔のアクセントとしても有効だ。
「AP-014」Col.BKM 価格5万1840円(全6色)
顔馴染みの良いマットシルバーのメタルブロウ。流麗なラインを描くブロウパーツや立体的なブリッジが、適度な個性をプラスする。
「AP-013」Col.BKM 価格5万1840円(全6色)
レンズを囲うメタルリムにアセテートのフロントを融合させたコンビネーションモデル。
素材のコントラストが目元を印象的に演出。

Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!

2014.4.25
  • Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!
  • Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!
  • Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!
「トレミーフォーティエイト」のアイウエアで顔色も気分もトーンアップ
ニューアンス・ブルーで映える女!
メイクと異なる豊かさな表彰をもたらしてくれるのがアイウエアのメリット。
特に「トレミーフォー」は春夏らしい涼しさを感じさせるブルーが豊富。
ファッションとして楽しむような感覚で使えば、表情がいきいきとしてさらに魅力が増すのです。
洗練されたブルーだから顔が艶っぽく映れる!LUNA PT-115 BL 3万円

アクセ感覚で使えるブルーだからスタイルがより映れる。

Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!

2014.4.5
  • Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!
  • Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!
  • Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!
素材にこだわるところで「創造性」を高める
メガネからのイメージ戦略
モノにこだわりのない男は無粋だ
作り手の思いやクリエーションに共感できる感性がある男こそが、仕事に創造力を生かせるのだ。
より自分の個性を強調できる
モノにこだわることで新たな発想も生まれる。
自分の持ち物が、どのような素材を用い、いかなる製法により生まれたのか。
どんなデザイナーや職人がどういう思いで作ったのだろう。
こうした好奇心や創造力を持つ男性にとって、トレミー48の新作は味わい深い1本だ。
なにしろバッファローホーンの中でも、もっとも美しいとされるホワイトホーン、通称「キングバッファロー」を、高級水牛角の産地として名高いインドから独自輸入。水牛の大トロともいえるこの希少素材を、トレミー48が誇る鯖江熟練の職人の手仕事によって加工し、そこに発色の良い色付けまで成功しているのだ。
KB-002全5色展開 天然ホーンゆえ1本づつ表情の異なるのも味わい深い。各95,000円(税別)
 
copyright Ptolemy48 Co.,Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software