ページTOPへ戻る
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
メニュー

日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド

トレミーフォーティエイト HOME > GUIDE > メガネ選び > 上手なメガネ選び

GUIDE

メガネ選び

Ptolemy48 のデザイナーであり、数多くのお客様にスタイリングを行ってきた堀氏が、上手なメガネ選びをお教えいたします。メガネも洋服同様に掛け替えることで、いつもとは違う自分を演出できるのもメガネの魅力といえるでしょう。プロのスタイリストが、貴方のご希望に近づくように、スタイリングのアドバイスいたします。1人1人顔や、肌の色、視力、アイポイントが異なります。自分のサイズやカラーを合わせてメガネを選び、おしゃれを楽しみましょう。

デザイナー/堀一彦
Designer 堀一彦

めざせメガネ美人

“めざせメガネ美人”

メガネが若返りに貢献します。

フレームカラーを選ぶとき、ついブラックやブラウンなどの無難なものに落ち着いていませんか? 歳を重ねると目元に映えるのは、実は明るいカラー。メイクアップに近い効果を得られるからです。また、数本揃えてかけ替える世代だからこそ、カラーによって印象を変えて楽しむのがおすすめです。ピンク系は優しくソフトな印象になり誰からも愛され、オレンジ系は落ち着いた印象でオフィスでもなじみます。肌や髪の色との組み合わせによって得られる効果にも変化が。パープル系は白髪に似合い、お肌に透明感も出て大人っぽく洗練された雰囲気に。グリーン系は健康的な肌の方には知性と上品さを加えてくれるといいます。少し冒険するぐらいの気持ちで、今まで選ばなかったカラーを試してみるのが、メガネ美人への近道です。天地幅が狭めで両側がやや吊り上がったシェイプのメガネには、気品や優雅さが漂います。例えばヨーロッパでは、フォックス型のメガネは女性をエレガントに見せる形として広く知られています。シンプルなメタルタイプもイメージアップに貢献してくれることでしょう。


メガネは男の唯一のメイクアップ

“メガネは男の唯一のメイクアップ”

”男も第一印象は見た目”

大事な商談や出会いの多いパーティなど、男として勝ち抜いていくべきシーンで、顔の中心にあるメガネで印象が大きく変わります。それが、こだわりを持つトレミー48のメガネです。”モテル男”や”やり手の男”は目元に着用するメガネの気配りが違います。トレミー48のメガネは、メガネ一本でファッション全体をランクアップさせることができます。また、自分のモチベーションも上がります。メガネを選ぶときに見るべきポイント、いま注目のデザイン、レンズの厚みや目の大きさをカバーする方法など、貴男の生活シーンに合わせた最適な似合うメガネをコーディネイトさせていただきます。

メガネは男の唯一のメイクアップ

SHAPE

フレームのフロントデザインはメガネの“顔”ともいえるもの。
それぞれの形状により、相手に与える印象もだいぶ変わってきます。
そのバリエーションは多種多様ですが、中でも代表的な9タイプをご覧いただきましょう。

  • BOSTON
    ボストン
    逆三角形に丸みをつけたようなシェイプは、まさにクラシックフレームの定番ともいえる形でしょう。アメリカのボストンで流行したことから、この名がついたといわれています。
  • CROWN PANTO
    クラウンパント
    「パント」とはフランス語でボストン型を意味します。特徴は上部を一直線にカットし生み出した独特な形状。その形が王冠に似ていることから、このように呼ばれています。
  • POLYGON
    多角形
    主に五角形以上のフレームを指します。ヘキサゴン型(六角形)、オクタゴン型(八角形)が代表的で、一見個性派ともとれますが、掛けてみると思いのほか顔に馴染んでくれます。
  • OVAL
    オーバル
    男女を問わずフィットしてくれる、卵を横にしたような楕円形フレームです。緩やかなカーブを描くアウトラインが柔らかな印象を生み、優しく、穏やかな表情を演出します。
  • FOX
    フォックス
    天地幅が狭めで両側がやや吊り上がったシェイプで、気品や優雅さが漂います。例えばヨーロッパでは、フォックス型のメガネは女性をエレガントに見せる形として広く知られています。
  • TEAR DROP
    ティアドロップ
    1929年に米国空軍のパイロット用サングラスとして開発されました。あらゆる方角から太陽光線を遮るように計算された形状は、実用性に富み、ファッション性にも優れています。
  • WELLINGTON
    ウェリントン
    天地幅が広く、上辺の長いやや丸みを帯びた台形型の呼称になります。メガネと聞けば誰もがこの形を思い浮かべるほど一般的であり、老若男女、時代を問わず人気があります。
  • SQUARE
    スクエア
    名は体を表すかのごとき四角いフレームが、スクエア型です。ウェリントンよりもさらに長方形に近い形状で、その直線的なラインはシャープさをもたらし、表情をより引き締めます。
  • SIRMONT BROW
    サーモントブロー
    50年代にアメリカンオプティカル社が、米軍人のモント将校のために製作したとされている形です。眉部分をより強調させることにより、目元に力強さを与えることが可能です。

Ptolemy48 は、
あなたのメガネ選びをサポートします。

  • 上手なメガネ選び
  • サイズの選び方
  • フレームの素材
  • 検眼・レンズオーダー
  • アフターサービス・保証
  • LINEでのお問い合わせ
copyright Ptolemy48 Co.,Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software