ページTOPへ戻る
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
メニュー

日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド

トレミーフォーティエイト HOME > NEWS

NEWS

ファッション雑誌「LEON」2月号にPtolemy48が掲載!

2012/12/25(火)
  • ファッション雑誌「LEON」2月号にPtolemy48が掲載!
  • ファッション雑誌「LEON」2月号にPtolemy48が掲載!
  • ファッション雑誌「LEON」2月号にPtolemy48が掲載!
「Ptolemy48(トレミーフォーティエイト)」の新作コレクション
メリハリと色気でオヤジの目元はさらに華やぐ

クラシコシェープもバイカラーで斬新に
黒いボストンフロント、べっ甲調のテンプルとともにセルロイドを使用した新作。
世界初の三連兆番の採用により耳の高さに応じて傾斜角が調整されるために、
視力矯正においても高い効果を誇ります。
とVC-026 BKYが掲載!

立体的な造形美こそトレミー48の真骨頂!
メタルフレームにブリッジ留めしたダブルフロントは着脱のストレスをレンズに
ストレスを与えないひと工夫。βチタンテンプルにセルモダンというこだわりの
素材使いにより、快適な掛け心地です。
とSATURN Ⅲ PT-111が掲載!

クラシコななかにもメリハリが点在!
加工が難しいセルロイドでごく自然な曲智を作り出すあたりがまさに職人技の賜物でして。
加えてフロントとテンプルの間にチタンパーツを施し、着脱時にかかる負荷の緩和まで配慮。
とVC-022 HBが掲載!

三次元ブロウによるココンチの最高傑作!
クリアーブルーのアセテートブロウをネイビーのメタルバーにのせた
2重構造で、メリハリのある立体感を表現。
流線型のリムとバイカラーの相乗効果により、オヤジの顔をシャープに演出します。
とAPOLLON Ⅴ(アポロンファイブ)AP-005 BLが掲載!

見た目はいいけれど掛けづらい・・・が、常識でした。
クラシコなのに掛けやすい「ワザあり」メガネは“やり手“です
クラシコフォルムをセルロイドで構築
VC-024 BKYが掲載!

“やり手で”でいえば新たな「ハイブリッド」が洒脱です。
セルロイドによるツートンが珍しい。
べっ甲調のボストンフロントとクリアテンプルをドッキングさせ、
正面と横顔でまったく違った表情を狙ったバイカラーモデル。
今や珍しいセルロイドを使っているのも“やり手”なポイントで
それでいて軽い掛け心地は実にお見事。
とVC-026が掲載!

最新のニュース&イベント

copyright Ptolemy48 Co.,Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software