ページTOPへ戻る
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
メニュー

日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド

トレミーフォーティエイト HOME > NEWS

NEWS

Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!

2014/4/25(金)
  • Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!
  • Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!
  • Angela from LEON 6月号にPtolemy48(トレミー48)PT-115が掲載!
「トレミーフォーティエイト」のアイウエアで顔色も気分もトーンアップ
ニューアンス・ブルーで映える女!
メイクと異なる豊かさな表彰をもたらしてくれるのがアイウエアのメリット。
特に「トレミーフォー」は春夏らしい涼しさを感じさせるブルーが豊富。
ファッションとして楽しむような感覚で使えば、表情がいきいきとしてさらに魅力が増すのです。
洗練されたブルーだから顔が艶っぽく映れる!LUNA PT-115 BL 3万円

アクセ感覚で使えるブルーだからスタイルがより映れる。

Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!

2014/4/5(土)
  • Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!
  • Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!
  • Men's EX 5月号にPtolemy48(トレミー48)のキングバッファローが掲載!
素材にこだわるところで「創造性」を高める
メガネからのイメージ戦略
モノにこだわりのない男は無粋だ
作り手の思いやクリエーションに共感できる感性がある男こそが、仕事に創造力を生かせるのだ。
より自分の個性を強調できる
モノにこだわることで新たな発想も生まれる。
自分の持ち物が、どのような素材を用い、いかなる製法により生まれたのか。
どんなデザイナーや職人がどういう思いで作ったのだろう。
こうした好奇心や創造力を持つ男性にとって、トレミー48の新作は味わい深い1本だ。
なにしろバッファローホーンの中でも、もっとも美しいとされるホワイトホーン、通称「キングバッファロー」を、高級水牛角の産地として名高いインドから独自輸入。水牛の大トロともいえるこの希少素材を、トレミー48が誇る鯖江熟練の職人の手仕事によって加工し、そこに発色の良い色付けまで成功しているのだ。
KB-002全5色展開 天然ホーンゆえ1本づつ表情の異なるのも味わい深い。各95,000円(税別)
 

最新のニュース&イベント

copyright Ptolemy48 Co.,Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software