ページTOPへ戻る
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
メニュー

日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド

トレミーフォーティエイト HOME > BRAND

BRAND

歴史と物語

本物のメイドインジャパンの
素晴らしさを追求して・・・

世界最高水準を誇る福井県の眼鏡職人の技術を駆使して具現化。
ファッション的要素に掛け心地や光学的要素といった機能性を装備した、
比類ない魅力を放つフレーム・・・「Ptolemy48(トレミー・フォーティエイト)」。
流行や時代を超越し、比類ない歴史を紡いできました。
世界各国への旅や貴重な出会いからインスピレーションを得て、
独自のスタイルを築き上げてきました。
「Ptolemy48」は、1998年にデザイナー堀一彦と、4人の眼鏡職人の出会いから生まれました。
当時のメガネ業界は、中国からの廉価なフレームが数多く市場に出回り、
日本の各メーカーは価格戦争に巻き込まれてしまいました。
本来の眼鏡職人の匠の技を取り入れたフレームは、日々マーケットから姿を失い、
製造原価を下げていかに廉価で販売を行うのが業界の流れになっていました。
デザインも製造原価の兼ね合いから、本来のこだわりのフレームは姿を消し、
価格競争に敗れた企業は倒産と廃業に追われました。
そんな中、Ptolemy48はデザインに一切の妥協をせず、最高品質の材料を選定し、
脈々と受け継がれた眼鏡職人技と最先端技術を融合した魅力ある眼鏡を作り出しています。
職人達の忘れ去られた日本人の物作りへの「プライド」復活を合言葉に、
4人の職人達の匠技を集約して誕生したフレームが「Ptolemy48」です。
日本の眼鏡のすばらしさを、もう一度世界に発信しようという願いを抱いて誕生したブランドです。

Ptolemy48 デザイナー・堀 一彦
Ptolemy48 デザイナー
堀 一彦 Kazuhiko Hori

DESIGNER'S PROFILE

1999年
アイウェア・オブ・ザ・イヤー2000・受賞
2000年
アイウェア・オブ・ザ・イヤー2001・受賞
2000年
グッドデザイン賞(Gマーク)受賞
2004年
グッドデザイン賞(Gマーク)受賞
2005年
グッドデザイン賞(Gマーク)2作品ノミネート
2006年
グッドデザイン賞(Gマーク)3作品ノミネート
2007年
アイウェア・オブ・ザ・イヤー2007・レディース部門受賞
2015年
アイウェア・オブ・ザ・イヤー2016・グランプリ受賞
2016年
アイウェア・オブ・ザ・イヤー2017・グランプリ受賞
2017年
アイウェア・オブ・ザ・イヤー2018
日本メガネ大賞 IOFT30周年記念 特別賞受賞

CRAFTMEN

  • 金型職人/服部 勲
    金型職人
    服部 勲
    Isamu Hattori
  • 磨き職人/内田 俊一郎
    磨き職人
    内田 俊一郎
    Shunichiro Uchida
  • 彫金職人/平井 隆之
    彫金職人
    平井 隆之
    Takayuki Hirai
  • セルロイド職人/高野 利雄
    セルロイド職人
    高野 利雄
    Toshio Takano

時代を先取りするフレーム

日本メガネ大賞 IOFT30周年記念 特別賞受賞モデル
日本メガネ大賞 IOFT30周年記念 特別賞受賞モデル

Ptolemy48(トレミー・フォーティエイト)というブランド名は、
2世紀の天文学者「クラウディオス・プトレマイオス」が作成した星表に見られる星座のことです。
Ptolemy48 は、大宇宙の星座たちのように、
美しく輝き続けるものでありたいと願って命名しました。

フレームにおいて、大胆さ、情熱、エレガンスを巧みに融合させる Ptolemy48 は、
フレームに “斬新なスタイル” をもたらしたパイオニアといえるでしょう。
デザイナー・堀 一彦と日本の4人の眼鏡職人が生み出した Ptolemy48 は、
21世紀初頭には立体的フレームを考案し、フレームのデザインの常識をも大きく変えることになりました。
最先端のテクノロジーと個性的なデザインが織り成す、
「mechanics of passion(情熱の仕掛け)」 。
それが Ptolemy48 です。

  • King と呼ばれる
    希少なホワイトホーン

    このフレームで重要なことはホワイトホーンの希少さです。
    このようなホワイトホーンを目にしたとき衝撃が走りました。
    このホワイトホーンには催眠術のような力があり、強く心を奪われ感動を覚えます。
    このような至宝を扱えることは本当に素晴らしいことです。
    デザイナーの仕事は全力を尽くしてこのホワイトホーンの完璧さを生かすことです。
    このホワイトホーンのパワーや奥深さがデザインの発端になっています。
    ホワイトホーンの透明感と純度の高さと同様に、金属の全てのラインも洗練されて、
    シャープでカットが綺麗でなければなりません。
    この作品では透明度が何よりも大事です。
    ホワイトホーンにごくわずかでも欠点があるとそれが強調されてしまうからです。
    純度の高さ、透明感に連続性が生まれました。

    「King」と呼ばれる希少なホワイトホーン
  • 日本の希少な職人の技術を
    守ること

    ひとつのノウハウだけで他者の技術を伴わなかったとしたら、
    この完璧さに到達できなかったでしょう。
    ひとつの作品には「金型職人」「ポリシング職人」「組み立て職人」
    「宝石細工職人」「メッキ加工職人」が携わり、
    また磨きやフィッテイング専門の職人たちも関わります。

    他のフレームと比べて、より確かな厳格さと確かなメンタリティが求められます。
    この仕事は時代に刻み込まれてゆくものですから、職人たちは時間をかけて育成します。
    職人は貴少で比類なき貴重です。
    彼らが制作するフレームと同じように・・・
    これがこの完成度に達する唯一の方法です。
    トレミーフォーティエイトは完璧な域に近づく試みは常に続けられます。

    日本の希少な職人の技術を守ること
  • 日本の眼鏡職人が生み出す
    最高品質

    全ての作品の中心には常に確かな技術と芸術性があります。
    トレミーフォーティエイトのフレームは、希少な技術という遺産を守ることに情熱を注ぐ、
    眼鏡職人たちによって命を吹き込まれました。
    チタン素材にアセテート、ストーン、ホーン、真珠などを組み合わせて、
    トレミーフォーティエイトが新たな時代を拓きます。
    眼鏡職人の仕事は独創的に他に類を見ないほどのフレームを生み出していくことです。
    あらゆる芸術的な技術を駆使して、きわめて特別なフレームを想像するのです。
    常にさらなる可能性を模索し、お客様にご満足いただける
    最高品質の眼鏡フレームを提供することを目指し続けます。

    日本の眼鏡職人が生み出す最高品質
  • 世の中に存在しない新しい商品

    膨大の時間を費やしたのに最初からやり直すこともあり、
    ホワイトホーンの加工は非常にデリケートなのです。
    素材による制約は常にありますが、それを超えようとする努力が大切です。
    技術を進歩させることはリスクを負うことでもあります。
    リスクは予測するべきですが、限界を超えることが重要なのです。
    このホワイトホーンの企画とデザインは2年前に生まれました。
    そしてようやく作品が完成しました。
    それはまさに冒険の終点であり、出産のようなものです。
    作品を初めて作品が誕生したとき、それはアイデアが生まれた瞬間と同様に、
    最高に素晴らしい瞬間なのです。
    私たちはホーンフレームに2,000時間の作業を要しました。

    世の中に存在しない新しい商品
  • 素晴らしい技術と若返りデザイン

    ブランドの基本に流れるのは、日本の職人技術の推移を集約し、
    「ファッション」と「掛け心地」「耐久性」「アレルギー対策」「光学的要素」など、
    『道具としての眼鏡』としての機能性を熟考して、
    まさに「快適な視力補正」と「お洒落と品格」を同時に向上させてくれるメガネ造り・・・・
    代々受け継がれた卓越した職人のテクニックやきめ細かな仕事ぶり、
    そしてモノづくりに魂を込める情熱とこだわりから生み出されています。

    世界最高水準の眼鏡職人技

    不可能といわれる製造過程を、長い年月で蓄積された眼鏡職人技より実現し、
    トレミーフォーティエイトは日々進化しています。
    メガネの1つ1つのパーツはすべて日本国内で生産され、
    破壊テストで耐久性を検証し、CE検査に合格した商品のみが市場に出荷されます。

    素晴らしい技術と若返りデザイン

King と呼ばれる
希少なホワイトホーン

このフレームで重要なことはホワイトホーンの希少さです。
このようなホワイトホーンを目にしたとき衝撃が走りました。
このホワイトホーンには催眠術のような力があり、強く心を奪われ感動を覚えます。
このような至宝を扱えることは本当に素晴らしいことです。
デザイナーの仕事は全力を尽くしてこのホワイトホーンの完璧さを生かすことです。
このホワイトホーンのパワーや奥深さがデザインの発端になっています。
ホワイトホーンの透明感と純度の高さと同様に、金属の全てのラインも洗練されて、
シャープでカットが綺麗でなければなりません。
この作品では透明度が何よりも大事です。
ホワイトホーンにごくわずかでも欠点があるとそれが強調されてしまうからです。
純度の高さ、透明感に連続性が生まれました。

「King」と呼ばれる希少なホワイトホーン

日本の希少な職人の技術を
守ること

ひとつのノウハウだけで他者の技術を伴わなかったとしたら、
この完璧さに到達できなかったでしょう。
ひとつの作品には「金型職人」「ポリシング職人」「組み立て職人」
「宝石細工職人」「メッキ加工職人」が携わり、
また磨きやフィッテイング専門の職人たちも関わります。

他のフレームと比べて、より確かな厳格さと確かなメンタリティが求められます。
この仕事は時代に刻み込まれてゆくものですから、職人たちは時間をかけて育成します。
職人は貴少で比類なき貴重です。
彼らが制作するフレームと同じように・・・
これがこの完成度に達する唯一の方法です。
トレミーフォーティエイトは完璧な域に近づく試みは常に続けられます。

日本の希少な職人の技術を守ること

日本の眼鏡職人が生み出す
最高品質

全ての作品の中心には常に確かな技術と芸術性があります。
トレミーフォーティエイトのフレームは、希少な技術という遺産を守ることに情熱を注ぐ、
眼鏡職人たちによって命を吹き込まれました。
チタン素材にアセテート、ストーン、ホーン、真珠などを組み合わせて、
トレミーフォーティエイトが新たな時代を拓きます。
眼鏡職人の仕事は独創的に他に類を見ないほどのフレームを生み出していくことです。
あらゆる芸術的な技術を駆使して、きわめて特別なフレームを想像するのです。
常にさらなる可能性を模索し、お客様にご満足いただける
最高品質の眼鏡フレームを提供することを目指し続けます。

日本の眼鏡職人が生み出す最高品質

世の中に存在しない新しい商品

膨大の時間を費やしたのに最初からやり直すこともあり、
ホワイトホーンの加工は非常にデリケートなのです。
素材による制約は常にありますが、それを超えようとする努力が大切です。
技術を進歩させることはリスクを負うことでもあります。
リスクは予測するべきですが、限界を超えることが重要なのです。
このホワイトホーンの企画とデザインは2年前に生まれました。
そしてようやく作品が完成しました。
それはまさに冒険の終点であり、出産のようなものです。
作品を初めて作品が誕生したとき、それはアイデアが生まれた瞬間と同様に、
最高に素晴らしい瞬間なのです。
私たちはホーンフレームに2,000時間の作業を要しました。

世の中に存在しない新しい商品

素晴らしい技術と若返りデザイン

ブランドの基本に流れるのは、日本の職人技術の推移を集約し、
「ファッション」と「掛け心地」「耐久性」「アレルギー対策」「光学的要素」など、
『道具としての眼鏡』としての機能性を熟考して、
まさに「快適な視力補正」と「お洒落と品格」を同時に向上させてくれるメガネ造り・・・・
代々受け継がれた卓越した職人のテクニックやきめ細かな仕事ぶり、
そしてモノづくりに魂を込める情熱とこだわりから生み出されています。

世界最高水準の眼鏡職人技

不可能といわれる製造過程を、長い年月で蓄積された眼鏡職人技より実現し、
トレミーフォーティエイトは日々進化しています。
メガネの1つ1つのパーツはすべて日本国内で生産され、
破壊テストで耐久性を検証し、CE検査に合格した商品のみが市場に出荷されます。

素晴らしい技術と若返りデザイン
copyright Ptolemy48 Co.,Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software