ページTOPへ戻る
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド
メニュー

日本の眼鏡職人が作り出した眼鏡フレームブランド

トレミーフォーティエイト HOME > EYEWEAR >

EYEWEAR

EMPEROR E-065 Series

  • EMPEROR E-065 / Black/Havana
  • EMPEROR E-065 / Black/Havana
  • EMPEROR E-065 / Black/Havana
  • EMPEROR E-065 / Black/Havana

[ Specification ]

MODEL NO
E-065 BHB
SIZE
[ GUIDE ] 45□22 145
フロント横幅(A)
132mm
フロント縦幅(B)
38mm
レンズ横幅(C)
45mm
レンズ縦幅(D)
36mm
ブリッジ横幅(E)
22mm
テンプル長さ(F)
145mm
SHAPE
[ GUIDE ] ウェリントン
MATERIAL
[ GUIDE ]
フロント
  • アセテート
  • チタニウム
テンプル
  • βチタニウム
PRICE
52,800円(税込)
RELEASE
2021年7月20日発売NEW
1930年代を襲った大恐慌に荒れたアメリカでは、ひそかに美しいメタルフレームが生み出されていました。潤沢な経済状況が要因となって様々な娯楽、芸術が花開いた1920年代の技術は職人によって引き継がれ、宝飾業界から優秀な職人がメガネ業界に流入ました。1930年代頃に製造されたメタルのメガネフレームは、「現在にいたるメガネの歴史において最も美しいフレームを生み出した時代」のアイテムとして特に貴重な存在です。先人たちが残した芸術的な彫金模様を、福井の職人たちが現代の最新の技術を取り入れて生まれ変わりました。硬いβチタンテンプルに華麗なる彫金模様を彫り、レンズリムはβチタンの0.6mmのワイヤーリムを採用。ワイヤーリムを支えるブリッジ&ブローチは完ぺきな精度を求めるため、最先端の金型技術でロー付けが不要な一体プレスで作り上げました。極限に細めたセルロイドワッパを組み合わせた小ぶりのウエリントンメガネ。

[ Color Variations ]

  • EMPEROR E-065 / Black/Havana / E-065 BHB
    / E-065 BHB
  • EMPEROR E-065 / Black / E-065 BK
    / E-065 BK
  • EMPEROR E-065 / Mocha Brown / E-065 MB
    / E-065 MB
  • EMPEROR E-065 / Clear/Gray / E-065 CGY
    / E-065 CGY
  • EMPEROR E-065 / Havana / E-065 HB
    / E-065 HB
  • EMPEROR E-065 / Black/Havana / E-065 BHB

    E-065 BHB
  • EMPEROR E-065 / Black / E-065 BK

    E-065 BK
  • EMPEROR E-065 / Mocha Brown / E-065 MB

    E-065 MB
  • EMPEROR E-065 / Clear/Gray / E-065 CGY

    E-065 CGY
  • EMPEROR E-065 / Havana / E-065 HB

    E-065 HB
copyright Ptolemy48 Co.,Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software